美肌を作るのは日々の食事と生活習慣

肌を作る栄養素!たんぱく質の重要性

たんぱく質は三大栄養素のうちの1つで、人間の身体のうちの約20%はたんぱく質が占めています。筋肉、臓器、皮膚、毛髪等はたんぱく質から作られています。
たんぱく質が減少すると、コラーゲン量も減ってしまうので肌のハリ、艶、弾力が失われていきます。またたんぱく質不足は、疲労やイライラ、寝つきが悪くなったりと身体の様々な部分に不調となって現れてくる為、身体の異変を感じたらたんぱく質不足かもしれません。

たんぱく質が豊富に含まれる食材はたくさんありますが、気をつけて摂取しなければカロリーオーバーとなってしまうことがあります。その為たんぱく質は豊富でも低脂肪な食品を選ぶようにしましょう。例えば、低脂肪牛乳、鶏胸肉、鶏ささみ、まぐろ、納豆などは高たんぱく低脂肪の食品です。ぶつ切りにしたまぐろと納豆を混ぜたまぐろ納豆は動物性たんぱく質、植物性たんぱく質を一度に摂れるおすすめの食べ方です。

腸内環境を整えて美肌を手に入れる

便秘が続いて、ニキビ、肌荒れなどが起こった経験のある人は多いのではないでしょうか。これは便秘によって腸内の悪玉菌が増えて皮膚の血流が悪くなっている事が原因で、正常なターンオーバーができていないからです。

しかし、便秘薬に頼ると自力で排便することが難しくなったり、体調を崩してしまうこともありますので便秘薬には頼らず、腸内の善玉菌を増やすよう食事で改善していきましょう。
まず、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけでなく味噌、キムチなどの発酵食品にも乳酸菌が多く含まれている為、善玉菌を摂取できます。

また食物繊維を摂取することで便秘が解消される効果があります。食物繊維を効率的に摂取するには、ごぼう、しいたけ、こんにゃく等の食物繊維が豊富な食材をミックスしたけんちん汁や、味噌汁等がおすすめです。